宮城ぜんけん模試の特長

通知表評定×学力点(模試の点数)通知表評定×学力点
(模試の点数)
の相関に基づく志望校判定

通知表評定×学力点(模試の点数)の相関に基づく志望校判定

自分の位置がわかる

学校のテストや通知表の評定だけでは自分の学力レベルを正確に知ることはできません。宮城ぜんけん模試を受けることによって現時点での通知表評定と学力点で志望校の合格ラインのチェックができます。より大きな集団の中で自分はどの位置にいるのかを知ることができるのです。

充実の成績データで志望校までしっかりガイド

模試を受けるとデータ編の「個人成績票」と答案編の「答案まとめ帳票」の2種類の結果票が出ます。志望校判定で目標までの距離が正確に分かります。詳しくは「個人成績票からわかること」ページをご覧ください。

入試にピッタリの出題

入試にピッタリの出題

宮城ぜんけん模試は宮城県の公立高校入試と同じ形式で作成されています。
入試の傾向に沿った出題で本番の予行演習ができます。

高校入試対策模試
長年運営してきた実績

高校入試対策模試を長年運営してきた実績

宮城ぜんけん模試を運営する株式会社進学舎は、北海道で30年以上高校入試対策模試「北海道学力コンクール(道コン)」を運営してきました。
今では、年間延べ受験者数が10万人を超える大規模な模試となっております。宮城ぜんけん模試はその運営で培った分析・問題作成ノウハウを最大限に活かして、宮城の入試事情にあわせて企画された模試です。