公立高校入試問題の分析【理科】

実験や観察の手順、結果をしっかりと読むこと。
「文章記述」は、問われた内容に的確に解答しよう!

公立高校入試の出題傾向

大問5題。小問集合1題と 「物理」「化学」「生物」「地学」の4分野から各1題ずつ出題される。

小問集合の大問1は、4分野からそれぞれ小問が3問出題され、大問2以降は、各分野の内容が1単元、または2単元出題されることが多い。

大問2以降の問題は、実験や観察から出題されることが多い。素材は目新しい内容が混じっていることが多く、思考力・判断力が問われる難度の高い出題が見られる。また、図やグラフの読み取りが多いので、読解力・注意力をしっかり養っておく必要がある。

出題形式では、長い文章記述が出題される。内容の理解とともに、問いに対して適切な解答を書くという表現能力が問われると言える。文章記述は中間点が入るので、完全正解でなくとも中間点を確実に得点し全体として得点をのばしていくことが重要。計算問題は、比較的難易度の低いものが多い。標準レベルの問題で演習を重ね、得点源にしよう。

物理のポイント
光・音 「力」は「運動」や「エネルギー」との融合で出題されることが多い。
力・圧力
静電気・電流回路 他分野と融合した出題で 難易度が高くなる場合がある。
電流と磁界
電力・発熱
物体の運動と力 出題頻度は高い。難問になりやすいので要注意。
仕事とエネルギー
化学のポイント
物質の性質・気体の性質 「気体の性質」はさまざまな実験とからんで出題されている。性質、製法、捕集方法などをしっかり確認しておこう。
水溶液
状態変化
分解・化合・原子と分子 出題頻度は非常に高く、近年はほぼ毎年出題。
分野を超えた融合問題も多く、注意が必要。
酸化と還元・化学変化と熱
水溶液とイオン
酸・アルカリ・中和
生物のポイント
植物のからだのしくみ 出題頻度は高い。「光合成と呼吸」「蒸散」「からだのつくりと分類」などをしっかり確認しておこう。
植物のなかま
動物のからだのしくみ 出題頻度は高い。幅広い分野からの出題。
動物のなかま・進化
細胞・生物の生殖と遺伝 難問は少ないが、軽視せずに基本をおさえておこう。
生物のつながり
地学のポイント
地層・化石 「地層」「地震」からの出題が多い。
火山・地震
湿度と雲 「空気中の水蒸気の変化」「気象観測と前線」などをしっかり確認しておこう。
前線・天気の変化
地球と星の動き 思考力が試される難問が多く、注意が必要。
太陽系と惑星

難易度・平均点

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
50.5 59.2 57.2 44.1 49.1

過去5年の平均点は上の表の通り。

かつては平均点が50点に満たなかった年が続いていたものの、ここ数年は易化している。

得点しやすい問題が増えたといえるが、一方でささいなミスによる取りこぼしに十分な注意が必要。基本的な問題は取りこぼさず 確実に得点しよう。

今年度入試の対策法

前述の通り、実験または観察から出題されることが多く、また、図やグラフの読み取りも頻出なので、実験や観察の内容を理解し、図やグラフを読み取る、読解力・注意力が問われる。

また、比較的長い文章記述が出題されるので、公式や語句などの丸暗記的な学習ではなく、問題文の実験や観察の内容や、その目的を理解し、その結果を踏まえて考察し、表現するという練習しておくことが必要である。「教科書は覚えた!」と思っていても、模試などで得点が伸びない人は、「基礎力はついているが、応用力が足りない」ということ。基礎力がある程度ついたと思ったら「入試形式の実践的な問題の演習→間違えたところを復習」というサイクルを繰り返し行って総合力アップを目指そう。

これまでの入試問題を分析してみると、各単元の出題頻度にはややばらつきがあり、同じ単元内の同じ素材が連続して出題されることは少ないので、今年の出題単元をある程度予測することは可能である。しかし、偏った学習をして苦手分野をつくってしまうと、大問1題をすべて取り逃すおそれもあるので、全単元の内容をしっかり理解しておきたい。

以下は、近年の傾向をふまえた、各分野の対策である。

物理

特に「磁界」と「運動」の出題頻度が高い。物理分野を苦手とする人が多いためか、出題されると難問となる場合が多い。「磁界」は電流と磁界の強さや向きの関係についてしっかり確認しておくこと。「力」など他分野との融合も多く、難易度が高いことが多い。注意が必要。

化学

「化学変化と原子・分子」は毎年出題されている。分解・化合・酸化と還元で、教科書に載っている実験はすべて確認しておきたい。気体の性質・製法・捕集方法は他分野の実験と絡めて出題されることもあるので、しっかり確認しておこう。

生物

「植物」はさまざまなタイプの実験や観察が出題されているので、できるだけいろいろな素材にふれておきたい。「動物」は「消化」や「循環」などヒトのからだのはたらきが特に重要。「細胞・生殖」や、「生物のつながり」は難易度が高いものは少ないが、取りこぼすことのないように準備をしておこう。

地学

どの分野も偏らずに出題されている。近年は、「大地」「天気」「宇宙」がすべて出題されることが多い。苦手分野をつくらないようにしっかり準備しよう。理解力・思考力が問われる非常に難度の高い問題が出題されることが多いので、注意しておこう。

その他の教科の分析はこちら